絵解き曼荼羅 一、やすらぎを得たビンバシャラ王/教学データベースの詳細ページ/浄土宗西山深草派/情報デジタル化推進室(教学)

総本山 誓願寺


 

 


文字サイズの変更


 


 

絵解き曼荼羅 一、やすらぎを得たビンバシャラ王

[登録カテゴリー: 絵説き曼荼羅


絵解き曼荼羅 一、やすらぎを得たビンバシャラ王の画像1

 


食事がすんで、ようやく心が落ち着いたビンバシャラ王は、お釈迦さまのいらっしゃるギシャク山に向かって礼拝し、次のようにお願いしました。

「お弟子の目連さまは私の親友でございます。お釈迦さま、どうか慈悲の心で目連さまを私の所にお遣わしになり、八戒を授けて下さいませ」

ビンバシャラ王の心の叫びを知ったお釈迦さまは、すぐに目連さまと富楼那さまを王のもとにお遣わしになりました。

二人のお弟子さまの来られるのがあまりにも早いので、王は台座を降りる間もなく、そのまま合掌して迎えています。

八戒とは、在家の男女が一日一夜に限って守る八つの戒めです。

一 殺生しない
二 物を盗まない
三 みだらなことをしない
四 うそを言わない
五 酒を飲まない
六 派手なことをしない
七 生活を贅沢にしない
八 食べすぎない

八戒を授けられたビンバシャラ王は、今は囚われの身を忘れ、少しの恨みもなく、心清らかになってきました。

このようにしてビンバシャラ王は、イダイケ夫人のすすめる食事によって体力を回復し、目連さまから戒を授けられ、富楼那さまの説法を聴いて心の奥底から安心して、心身ともに苦しみの中にも安らぎを得ることができました。半月以上たって、衰えていくどころか、かえって顔はなごやかになり、喜びに満ちあふれてきたのです。

※「当麻まんだら絵解き」のご購入はこちらよりどうぞ



 

前へ

次へ

 



前の画面に戻る


 

Tweet 


閲覧数:001808

 

 

facebook area

 


 

 


  Site Map