絵解き曼荼羅 一、イダイケの苦痛の叫び/教学データベースの詳細ページ/浄土宗西山深草派/情報デジタル化推進室(教学)

総本山 誓願寺


 

 


文字サイズの変更


 


 

絵解き曼荼羅 一、イダイケの苦痛の叫び

[登録カテゴリー: 絵説き曼荼羅


絵解き曼荼羅 一、イダイケの苦痛の叫びの画像1

 


九死に一生を得たイダイケ夫人でしたが、結局ビンバシャラ王と同じく、お城の奥深くに幽閉されてしまいました。イダイケ夫人は嘆き悲しみ、はるか霊鷲山におられるお釈迦さまに向かって礼拝しました。

「お釈迦さま、どうか目連さまと阿難さまを私の所にお遣わしください。そして私をお救い下さいませ」

そう言って泣きながら頭をあげると、目連さまと阿難さまが空からやってこられました。お釈迦さまは、イダイケ夫人の心の叫びを知って、ただちにお二人をお遣わしになったのです。

何ともこの世は無常です。昨日までは一国の后であった身なのに、一日たてば我が子に刀を抜かれ、幽閉されてしまいました。我が身の変わりように嘆き悲しむイダイケ夫人。

「ああ、なんと苦しみ悲しみの絶えない世の中でしょう。こんな世の中はもうたくさんです」

そんなイダイケ夫人の気持ちを表したのが、この「厭苦縁」(苦しみを厭う縁)です。

絵の中央には芭蕉の木が描かれています。芭蕉の葉は大きくて表面は堅いですが、中はもろく破れやすいものです。この世の儚さを表すために、ここに芭蕉が描かれているのです。

※「当麻まんだら絵解き」のご購入はこちらよりどうぞ



 

前へ

次へ

 



前の画面に戻る


 

Tweet 


閲覧数:001618

 

 

facebook area

 


 

 


  Site Map