絵解き曼荼羅 一、母を殺そうとするアジャセ/教学データベースの詳細ページ/浄土宗西山深草派/情報デジタル化推進室(教学)

総本山 誓願寺


 

 


文字サイズの変更


 


 

絵解き曼荼羅 一、母を殺そうとするアジャセ

[登録カテゴリー: 絵説き曼荼羅


絵解き曼荼羅 一、母を殺そうとするアジャセの画像1

 


王がまだ生きていることを知ったアジャセ王子は、それが母イダイケ夫人のしわざであると知ると、今度はイダイケ夫人の所に怒鳴りこみました。

「母上、あなたは悪人だ。あの悪い王と仲間だからだ。目連と富楼那も悪人だ。怪しい超能力を使って、何日も王を生かしておくとは」

そう言うやいなや、アジャセ王子は剣に手をかけ、イダイケ夫人に切りかかろうとしました。

その時、二人の大臣が前に進み出ました。

「アジャセ王子よ。昔から、王の位を奪うために父を殺害した人はたくさんいます。しかし非道にも母を殺したことなど、いまだかつて聞いたことがありません。今ここで母上を殺せば

、王家の名を汚すことになります。私たちは、この前代未聞のできごとを見るに耐えません。これは人の道に反した行いであり、王たる者のすることではありません」

そう言うと、二人は剣をかまえて王子にせまりました。大臣たちの気迫に押されて、アジャセ王子は我にかえります。そして自らの過ちに気づいて剣を捨てました。

「わかった。お前たちの言うとおりにしよう。しかし母を許すことはできない。王と同様、城の奥深くに閉じ込めて、二度と出られないようにしろ」

アジャセの足下に釜があります。これは地獄の釜です。母を殺そうとした心が地獄なのです。しかし大臣の忠告によって、自分の過ちに気づきました。その反省した心が、釜に極楽の蓮の花を咲かせています。

※「当麻まんだら絵解き」のご購入はこちらよりどうぞ



 

前へ

次へ

 



前の画面に戻る


 

Tweet 


閲覧数:001598

 

 

facebook area

 


 

 


  Site Map