絵解き曼荼羅 一、閉じこめられたビンバシャラ王/教学データベースの詳細ページ/浄土宗西山深草派/情報デジタル化推進室(教学)

総本山 誓願寺


 

 


文字サイズの変更


 


 

絵解き曼荼羅 一、閉じこめられたビンバシャラ王

[登録カテゴリー: 絵説き曼荼羅


絵解き曼荼羅 一、閉じこめられたビンバシャラ王の画像1

 


自分の出生の秘密を知ったアジャセ王子は、父親ビンバシャラ王を憎み、とうとう餓死させようと、お城の奥深くの部屋に閉じこめてしまいました。

「なぜ、このようなことになったのだろうか。昨日まであんなに可愛がって育てた我が子に捕らえられるとは…」

この世の無常を思い知らされ、部屋の中で頬杖をついて思案に暮れているビンバシャラ王です。

塀の前にいる五人の門番は、それぞれ王の欲を表しています。「見たい・聞きたい・嗅ぎたい・食べたい・触れたい」という五つの欲望です。

また塀の後ろのほうにいる三人は、王の心にある三つの煩悩を表しています。これを「三毒」と言い、貧欲(むさぼり)・瞋恚(いかり)・愚痴(無知)のことです。

ビンバシャラ王が悩んでいるのは、五つの感覚器官「眼・耳・鼻・口・身体」が正しく働いておらず、三毒の煩悩が発生してしまうからです。

これは王だけでなく、私たち凡人も同じで、煩悩が絶えることなく頭に浮かんできます。私たちは、みんな煩悩のかたまりなのです。

ビンバシャラ王、そして私たちは、一体どうしたら極楽浄土へと救われることができるのでしょう。

※「当麻まんだら絵解き」のご購入はこちらよりどうぞ



 

前へ

次へ

 



前の画面に戻る


 

Tweet 


閲覧数:001710

 

 

facebook area

 


 

 


  Site Map