絵解き曼荼羅 二、極楽の樹木を観る/教学データベースの詳細ページ/浄土宗西山深草派/情報デジタル化推進室(教学)

総本山 誓願寺


 

 


文字サイズの変更


 


 

絵解き曼荼羅 二、極楽の樹木を観る

[登録カテゴリー: 絵説き曼荼羅


絵解き曼荼羅 二、極楽の樹木を観るの画像1

 


第四番目の方法は、「宝樹観」です。極楽浄土にそびえる美しい樹木を想像します。

その木々は、黄金・紫金・白銀・瑪瑙・珊瑚・白玉・真珠の七つの宝でできており、それぞれがまぶしい光を放っています。どれも全く同じ大きさで、しかも一切枯れることがありません。

現世の木々は、千年の樹齢を数える松でさえ、いつかは枯れてしまいます。このように、現世のあらゆる草木は、すべて無常を示しています。

それに対して極楽の木々は、全く生死のわずらいがありません。つまり、極楽浄土が平等で永遠であることを示し、「往生を願う気持ちを起こしなさい」と勧めているのです。

これが極楽の樹木を想い浮かべる宝樹観です。

※「当麻まんだら絵解き」のご購入はこちらよりどうぞ



 

前へ

次へ

 



前の画面に戻る


 

Tweet 


閲覧数:001836

 

 

facebook area

 


 

 


  Site Map