絵解き曼荼羅 二、水と氷を観る/教学データベースの詳細ページ/浄土宗西山深草派/情報デジタル化推進室(教学)

総本山 誓願寺


 

 


文字サイズの変更


 


 

絵解き曼荼羅 二、水と氷を観る

[登録カテゴリー: 絵説き曼荼羅


絵解き曼荼羅 二、水と氷を観るの画像1

 


極楽浄土に往生する方法の第二番目は、「水想観」です。

イダイケ夫人と侍女は、合掌して水面に向かっています。水は生きとし生ける者を生かします。その水面は波立つことなく、鏡のように我々の顔を映すことができます。西方極楽浄土の平安で清浄な水面を心に浮かべ、散乱しないようにします。少しでも雑念があれば、水面を揺らす波のように、心の映像もまた動揺して乱れます。

静かな水面を想い浮かべることができたなら、次に、この水が氷になり、さらに宝石になって美しく輝く様子を心に浮かべます。極楽浄土の大地も、このように美しく透きとおっているだろうと連想していきます。

そこに吹いてくる清涼な風は、美しい音楽を奏でます。それはまるでお釈迦さまの説法を聞くように、私たちにまことの心を起こさせます。

これが水と氷を想い浮かべる水想観です。

※「当麻まんだら絵解き」のご購入はこちらよりどうぞ



 

前へ

次へ

 



前の画面に戻る


 

Tweet 


閲覧数:001621

 

 

facebook area

 


 

 


  Site Map