絵解き曼荼羅 二、阿弥陀さまのおはたらきを観る/教学データベースの詳細ページ/浄土宗西山深草派/情報デジタル化推進室(教学)

総本山 誓願寺


 

 


文字サイズの変更


 


 

絵解き曼荼羅 二、阿弥陀さまのおはたらきを観る

[登録カテゴリー: 絵説き曼荼羅


絵解き曼荼羅 二、阿弥陀さまのおはたらきを観るの画像1

 


第十三番目は、「雑想観」です。いよいよ最後の方法です。

お釈迦さまは、西方極楽世界に生まれたいと思う人は、池の水の上に、丈六の阿弥陀さまのお姿を想像しなさいとお教えになりました。丈六とは、一丈六尺を略した言葉で、五メートル弱という身長です。総本山誓願寺のご本尊の阿弥陀さまは、座像の丈六仏です。ご本山へお参りされましたら、是非ともその大きさを実感してみて下さい。丈六という大きさは、極楽世界の仏さまの大きさの象徴です

すでに、第九真身観でもお話ししましたように、阿弥陀さまのお姿は、私たちには想像がつかないほどの大きさですが、この雑想観では、心に想い浮かべやすい大きさの阿弥陀さまと観音さま・勢至さまのお姿をお示し下さっているのです。この弥陀三尊の働きは、これまでにお話しした通りです。念仏する私たちをもれなく救い、西方極楽世界へとお導き下さるのです。

ここでお釈迦さまが、あえて「丈六の阿弥陀さまを想像せよ」とお教えになったのは、阿弥陀さまは、どこか遠くの世界にいらっしゃるのではなく、私たちのすぐ近くにいらっしゃって、私たちの念仏の声にこたえて、すぐにお姿を現わされることを示されたのです。先の華座観では、阿弥陀さまのお座りになる華座だけがあって、阿弥陀さまのお姿が見えませんでしたが、それは、私たちの念仏の声にこたえて、このように、私たちの目の前にお出かけになっていたからなのです。

これが、阿弥陀さま・観音さま・勢至さまのおはたらきを想い浮かべる雑想観です。

※「当麻まんだら絵解き」のご購入はこちらよりどうぞ



 

前へ

次へ

 



前の画面に戻る


 

Tweet 


閲覧数:000845

 

 

facebook area

 


 

 


  Site Map