絵解き曼荼羅 四、極楽のお池その二/教学データベースの詳細ページ/浄土宗西山深草派/情報デジタル化推進室(教学)

総本山 誓願寺


 

 


文字サイズの変更


 


 

絵解き曼荼羅 四、極楽のお池その二

[登録カテゴリー: 絵説き曼荼羅


絵解き曼荼羅 四、極楽のお池その二の画像1

 


極楽に行った人は、お浄土のお池の蓮華の中に生まれます。これを「蓮華化生」といいます。そのお池の水は、甘く、やわらかく、澄みきるなど、八つの功徳のある水です。

お池の中央には、九種類の往生、すなわち「上の上」から「下の下」までの人たちが描かれています。ただし、「上の上」は阿弥陀さまのいらっしゃる台の上にいますので、お池の中には八種類の往生の人です。

蓮華のつぼみの中に、はだかの童子がいます。この人は、極楽に到着しても、長いこと蓮華の中で過ごさなければなりません。それだけこの世で積んだ罪が深かったということです。その隣の菩薩さまは、つぼみの蓮華がようやく開いて、仏の教えに触れられた時の姿で、蓮華の台に座って合掌しています。

極楽のお池の中では、水に手を打ち、蓮のつぼみで遊ぶ裸の童子の姿が多く見られます。仏さまは、童子が楽しげに遊ぶ姿を見せて、私たちを極楽浄土にお誘い下さっているのです。

※「当麻まんだら絵解き」のご購入はこちらよりどうぞ



 

前へ

次へ

 



前の画面に戻る


 

Tweet 


閲覧数:001409

 

 

facebook area

 


 

 


  Site Map