絵解き曼荼羅 四、極楽の宮殿その一/教学データベースの詳細ページ/浄土宗西山深草派/情報デジタル化推進室(教学)

総本山 誓願寺


 

 


文字サイズの変更


 


 

絵解き曼荼羅 四、極楽の宮殿その一

[登録カテゴリー: 絵説き曼荼羅


絵解き曼荼羅 四、極楽の宮殿その一の画像1

 


極楽浄土には美しく荘厳された宮殿が建ちならびます。この宮殿は、私たちを迎えるために美しく飾られています。

「浄土三部経」のいずれもが「荘厳浄土」の宮殿を説いています。私たちは、いずれこの宮殿に菩薩として迎えられるのです。

宮殿の一階には仏さまがおられ、その回りを菩薩さまが取り囲んでいます。二階には、二人の天女がいます。天女は、人々が利益されることを慶んでいます。

橋にも供物を捧げ持った菩薩さまが歩いておられ、いつも色とりどりの花で阿弥陀さまを供養しています。

また、極楽の人たちは、他の仏さまの国へ飛んで行き、たくさんの仏さまを供養します。そして心のおもむくまま、いつでも本国に還ってくることができます。このようにして、仏さまや菩薩さまは、この世の私たちのもとにも自由自在に来て下さいます。

私たちが手を合わせるとき、いつも仏さまやご先祖さまが身近に感じられるのは、このような理由があるのです。

※「当麻まんだら絵解き」のご購入はこちらよりどうぞ



 

前へ

次へ

 



前の画面に戻る


 

Tweet 


閲覧数:000820

 

 

facebook area

 


 

 


  Site Map