絵解き曼荼羅 四、極楽の宮殿その三/教学データベースの詳細ページ/浄土宗西山深草派/情報デジタル化推進室(教学)

総本山 誓願寺


 

 


文字サイズの変更


 


 

絵解き曼荼羅 四、極楽の宮殿その三

[登録カテゴリー: 絵説き曼荼羅


絵解き曼荼羅 四、極楽の宮殿その三の画像1

 


この宮殿は、まだ極楽浄土に生まれていない私たちのために、お浄土から、私たちの往生を喚びかけて待つ様子です。

阿弥陀さまは、私たちのためにご馳走を用意して、「早く、この安らぎの世界にいらっしゃい!」と招いておられます。

心のままに、美味しい食事が器に満たされます。でも実際に食べることはありません。それらを眺め、香りを聞くだけで満足できます。やがて食事は消え去り、時間が来ればまた現れます。こうして、身も心もつねに満たされるのです。

宮殿の二階は円形になっていて、阿弥陀三尊さま(阿弥陀さま・観音さま・勢至さま)がいらっしゃいます。そこに橋が架かっています。念仏の教えをいただいた私たちは、この橋を渡ることができます。

橋の上には、阿弥陀さまや菩薩さまたち、そして一人の童子がいます。童子は、阿弥陀さまに向かい、左手に茎の蓮華を持って礼拝しています。これは、念仏の花を捧げ持っていることを意味します。

この童子は私たちです。愚かであった私たちが、たとえ一回でも念仏を称えることによって、阿弥陀さまの本願力に救われ、極楽の池の蓮華の中に生まれます。やがて花が開き、仏さまに出会い、その教えを聞くことができます。この功徳によって、すぐさまこの橋までやって来られたのです。

これこそ下の下の人の往生のすがたです。阿弥陀さまが広く私たちをお救い下さることをあらわすものです。

※「当麻まんだら絵解き」のご購入はこちらよりどうぞ



 

前へ

次へ

 



前の画面に戻る


 

Tweet 


閲覧数:000774

 

 

facebook area

 


 

 


  Site Map