絵解き曼荼羅 四、極楽の宮殿その二/教学データベースの詳細ページ/浄土宗西山深草派/情報デジタル化推進室(教学)

総本山 誓願寺


 

 


文字サイズの変更


 


 

絵解き曼荼羅 四、極楽の宮殿その二

[登録カテゴリー: 絵説き曼荼羅


絵解き曼荼羅 四、極楽の宮殿その二の画像1

 


建物の前に三人の菩薩さまがいます。他の仏さまの国に行き、教えを聞いて、極楽浄土に還ってきたところです。阿弥陀さまに花や供物を捧げています。

宮殿の一階が閉ざされ、仏さまも菩薩さまもいないのは、臨終を迎えた念仏者を迎えるために、この世に向かっていることを表しています。まだ極楽に生まれていない私たちの往生を待っている絵です。

この宮殿の上には舞台があり、そこに向かう通路があります。これは阿弥陀さまの慈悲へと向かう通路です。一人の菩薩さまが、まさにこの通路を通って供物を持って向かっておられます。また、もう一人の菩薩さまは、阿弥陀さまの前に座って礼拝しておられます。

阿弥陀さまの頭上の天蓋は、お慈悲が常に仏と共にあるという意味です。

また九人の菩薩さまは、私たちの往生した姿で、上の上から下の下までの九種類の往生を表しています。

すべては、私たちを浄土に向かわせ、菩薩さまにさせていただく教えです。

※「当麻まんだら絵解き」のご購入はこちらよりどうぞ



 

前へ

次へ

 



前の画面に戻る


 

Tweet 


閲覧数:000841

 

 

facebook area

 


 

 


  Site Map