絵解き曼荼羅 四、極楽浄土に還った私/教学データベースの詳細ページ/浄土宗西山深草派/情報デジタル化推進室(教学)

総本山 誓願寺


 

 


文字サイズの変更


 


 

絵解き曼荼羅 四、極楽浄土に還った私

[登録カテゴリー: 深草教学


絵解き曼荼羅 四、極楽浄土に還った私の画像1

 


極楽浄土のお池で生まれた仏さまの子どもは、やがて阿弥陀さまと対面することとなります。それはまるで、長い年月、離れ離れになっていた親子が再会するのと同じです。親は、もともといるべき場所に戻ってきた子どもを、優しくあたたかく迎え入れます。

この絵は、極楽浄土に再び戻ってきた私たちを、阿弥陀さまが大きな大きなお慈悲で「おかえりなさい」と迎えて下さっている場面です。

「慈悲」とは「慈しみ悲しみ」と書きます。阿弥陀さまは、私たちがこの世で味わった苦しみや悲しみ、つらかった事や寂しかった事を全部受け止めてくれます。「南無阿弥陀仏」とお名前を称える人を、何の隔てもなく一人残さず救いとって下さいます。

慈しみあふれる阿弥陀さまの極楽浄土に「ただいま」と還ってゆける私たちは、なんと幸せなことでしょう。ただただ手を合わせ、「南無阿弥陀仏」と称えずにはいられません。

※「当麻まんだら絵解き」のご購入はこちらよりどうぞ



 


前の画面に戻る


 

Tweet 


閲覧数:000783

 

 

facebook area

 


 

 


  Site Map